合唱 発声練習 高音

合唱での高音の発声練習法について

スポンサーリンク

合唱においてソプラノは、高音を出し主旋律を歌う事が多いです。
高い声は身体に負担がかかるので、発声練習は欠かすことができません。
発声練習でまずイメージする事は、あくびをするように口の中を大きく開くことです。
声を喉から出すのではなく、軟口蓋から抜けるようにすると自然と開きます。
その際、舌を上げないように注意が必要です。
それによって、声が出る道を邪魔することなく良い声が出ます。
無理をして高音を出すと、喉仏に力が入り詰まったような声になります。
それを防ぐために、喉仏の力を抜いて位置をそのままにするよう意識して発声練習をすると良いです。
普段話す声が低くても、練習によってソプラノの高音を出せるようになります。
その際は、徐々に練習していくことが大切です。
無理に出そうとすると声帯を痛める可能性があります。
無理やり声を出すのではなく、自然体で美しい声が出せるようになることが、発声練習を行う目的でもあります。

スポンサーリンク

口や喉元だけではなく、澄んだ高音を出すためには腹式呼吸を利用する必要があります。
腹式呼吸とは、横隔膜の収縮運動によって行う呼吸です。
この収縮運動を支えているのが腹筋や背筋です。
発声練習と共に腹筋や背筋の筋力トレーニングを行う合唱部や合唱団も多く存在します。
腹筋がよく働くことで、スタッカートやロングトーンなども安定して発声できるようになります。
ただし、とにかく腹筋に力を入れればいいというわけでもなく、腹筋に力が入り過ぎてしまうと、伸びのある声が出にくくなってしまうので、そのあたりのバランスをうまくとっていく必要もあります。
常に腹式呼吸を意識して練習を積めば徐々にお腹の使い方がわかるようになります。
腹式呼吸を簡単に実感する方法があります。
仰向けになって息を吸うとお腹が膨らみ横隔膜が動く様子がわかりやすいです。
この状態を立っている時でもできるように意識することが大切です。
そのためにも、毎日欠かさない練習が必要になります。

スポンサーリンク