合唱 発声練習 バス

バスの合唱の発声練習

スポンサーリンク

合唱においてはパート毎の練習というのも非常に大切になってきますよね。
ソプラノ、アルト、テノール、バスといったそれぞれのパートがバランスを取ってきれいに歌うことによって、合唱が成立するのです。
メインとなるメロディを歌うことが多いソプラノの存在も大きいようには感じられますが、やはり、低い音でしっかりと全体を支えるバスも非常に重要なパートです。
合唱全体に対する影響力もそれだけにありますので、それだけに、きちんと発声練習を行って、普段からしっかりとした声を出せるように訓練しておくことが不可欠になります。
バスの魅力的な低い音は、体で響かせるようにして発生することがポイントになってきます。
そのための合唱の発声練習としてはどのようなものがあるのでしょうか?
発声練習を行う時には、きちんと腹式呼吸を意識して、背筋をまっすぐに伸ばすことを大切にするといいでしょう。
腹筋や背筋といった、体幹を支える筋肉を使って、体の軸をまっすぐにすると、声も通りやすくなります。

スポンサーリンク

しかし、だからと言って緊張して行う必要はなく、できる限りリラックスした状態で声を出せるようにしましょう。
緊張して固くなってしまうと、どうしても声を響かせることが難しくなってきてしまいます。
バスの低い音を響かせるためには、体も意識もリラックスした状態で行うことが大切です。
音は喉や口の部分だけで響かせるのではなく、お腹の方から鼻の中まで体中を使って響かせるイメージを持っていると、実際の合唱の時にも美しい低音を響き渡らせることができるようになってきます。
また、胸の部分で響かせる感覚も大切にしましょう。
体をまっすぐにするために腹筋を利用することも大切なのですが、一方で腹筋に力が入り過ぎてしまうと、声が響きにくくなってしまうこともありますので、練習を行いながら腹筋への力の入れ方のバランスも考えるようにするといいですね。
それによって、合唱全体が引き締まり、全体の調和が取れるようになってくるので、発声練習の時にも本番の合唱のことを意識しながら発声練習を繰り返して行っていくようにしましょう。

スポンサーリンク