発声練習方法 自宅

自宅での発声練習方法とは?

スポンサーリンク

一般的な発声練習の方法としては、ピアノなどの前で大きな声を出すことが多いですよね。
しかし、自宅でも発声練習を行いたいときには、ピアノなどないことがほとんどですし、そもそも、自宅において大きな声を出すというのは家族や近所の方にとっての迷惑になってしまいますので、なかなかできないですよね。
とはいえ、自宅でもきちんと練習をして、さらにきれいな声を出せるようになりたいものです。
防音設備もないような一般的な家庭において、自宅で発声練習を行う方法としてはどのようなものがあるのでしょうか?
実は発声練習と言っても、大きな声を出さなくても行える方法もあります。
例えば、大きな声を出せるようになりたい時には、ペットボトルを使用した方法があります。
まず、ゆっくりと大きく息を吐き出し、限界ぎりぎりまで息を吐き出します。
その状態でからのペットボトルをくわえて、ペットボトルをへこませるように中の空気を吸い込みます。

スポンサーリンク

ペットボトルがつぶれた後は、息を吐いてまたペットボトルを膨らませます。
これを数回繰り返しましょう。
最初のうちは息が苦しくなることもありますので、あまり無理をしてはいけません。
その代わり、慣れてきたら徐々に回数を増やすことを意識しましょう。
1日に5回から10回程度できるようになれば良いですね。
また、できる限り毎日行うようにするといいでしょう。
この方法であれば音を大きく出さなくても大きな声を出す練習ができるようになります。
また、割り箸を使った発声練習の方法もあります。
割り箸を二本、口の両側にくわえた状態で、音程をしっかり取れるように声を出してみましょう。
こちらの練習では声を出す必要があるので周囲への影響を考えなければいけませんが、迷惑にならない程度の声の大きさであればあまり大きな問題にはならないでしょう。
このように、特別な機材を使わない方法や、大きな音を出さなくても済むような方法もありますので、いろいろと工夫してみるようにしましょう。

スポンサーリンク