面白い 発声練習 方法

面白い発声練習の方法

スポンサーリンク

発声練習というのは意外と日常的にも大切です。
それというのも、大きな声を出せれば遠くにも届くので非常時などでも便利ですし、滑舌よく話せれば相手に話が伝わりやすいので楽しい会話もできますし、話し方だけではなく歌を歌うのも上手になります。
実は発声練習で腹式呼吸などを上手く使えるようになれば、酸素をたくさん吸うことができるようになるので水中などで長い間息を止めるということも可能になったりします。
とはいえ、面白くなければ何事も続かないものです。
そこで、面白い発声練習の方法をいくつか教えていきます。
何を面白いと感じるかは人それぞれでもありますが、これから教えるのは比較的楽しんで実行できることを前提とした練習方法なので試しにやってみましょう。
発声練習という基礎的な練習においては、なかなか継続していくことが難しいこともあります。
しかし、楽しんで練習を行うことができれば、練習を続けていくことも辛くはないばかりか、むしろ喜んで練習を続けていくことができるようになります。

スポンサーリンク

まずは滑舌です。
これは人と話をすることにおいて特に大切なことでもあります。
滑舌を良くするためにもっとも簡単でわかりやすいのは早口言葉です。
早口言葉はゲーム感覚で挑戦できますし、さまざまなものがあるので自分の好きな言葉で練習できます。
早口言葉でなくても、外郎売りやジュゲムなどの長文を早く読むことでも滑舌の練習になります。
また、どれだけ長く声を出し続けられるかというのも技術の一つです。
歌や長文を読むときにとても楽になります。
タイマーではかるといいでしょう。
また、高い声や低い声でも練習すれば飽きないし、出せる音域が広がります。
ですが無理してやりすぎないように数回だけにしましょう。
歌いながらのダンスや音読も立派な発声練習になります。
楽しくやるためにも自分の好きなジャンルでやるのがおすすめです。
他にもいろいろあるので、自分好みの練習法を選んでやってみるといいでしょう。

スポンサーリンク