発声練習 喉を開く

発声練習では喉を開くことが大切

スポンサーリンク

発声練習をするときには、いくつか気を付けるべきポイントがあります。
その1つとして、喉を開くことが大切であるといわれています。
いったい、どのようにすれば、喉を開いて声を出すことができるようになるのでしょうか?
喉を開いていい声を出すためには、まずは軟口蓋をあげることが大切になります。
軟口蓋というのは、上顎の、鼻の穴とつながっているあたりのことを言います。
ここを大きく開くように意識することによって、大きくてきれいな声を出せるようになっていきます。
しかし、軟口蓋を開くと言っても簡単にはイメージがわかないと思います。
軟口蓋が開いているような状態のことを簡単に言うのであれば、うがいをしているときの喉や口の開き方の状態に非常によく似ています。
あるいは、あくびをしているようなときだと言えばイメージがしやすいことと思います。
このように、大きく口を開けて喉の部分まで文字通り開いているような感覚を感じられれば、軟口蓋が開いていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

発声練習においては、音程を大切にしたりすることも非常に大切ではあります。
それと同じくらい大切なのが、お腹から大きな声を出せるようになることが大切になります。
声量も、素敵な声を出していくうえでは非常に大切になってくるのです。
そして、ある程度の声量を確保するためには、喉を開くことが非常に大切になってきます。
お腹から声を出していくときには、高い音を出すときほど、お腹の力を強くする必要があります。
きちんとおなかに力を入れながら声を出せるようになると、声量だけではなく、音程もかなり安定しやすくなってきます。
また、併せてのどぼとけが少し下に下がるようなイメージをもっているとさらにうまくいく可能性が高くなっていきます。
現在ある位置よりも、低い位置に下げるようなイメージを持っていると、非常に通りやすくて、きれいな声が出しやすくなっていきます。
本番で声を出すときにも意識することが大切ではありますが、普段の基本的な発声練習の時にもこのことを意識するようにするといいでしょう。

スポンサーリンク