発声練習 まめまめ

発声練習には「まめまめ」が有効

スポンサーリンク

有名な発声練習の方法として、「まめまめ」と発声する方法があります。
発音の方法としては、「まめまめまめまめまー」と発声します。
これを行う時には、まずは音程に気を付けて行うことを第一に意識しましょう。
最初は自分の行いやすい音程から始めて、半音ずつ挙げていくようにしましょう。
そして、ある程度自分の限界まで上げていったら、あとはまた半音ずつ下げていきましょう。
一番最初の音程まで戻ってきた後も、そのまま半音ずつ音を下げていって、ある程度の低音まで下げたら、それで1セット終了です。
この練習を繰り返して、音程が安定して取れるようになったら、次は音を響かせることに意識を置いて練習していくとよいでしょう。
「まめまめ」というマ行の音は、鼻の方に音を響かせるのに適しています。

スポンサーリンク

音や空気、振動を鼻の方で響かせるように意識して練習を行うと、実際に歌を歌う時にも音を共鳴させていくことがしやすくなります。
声が響くようになるので、より美しい歌声を出すことができるようになってきます。
実際に、鼻の方に音を響かせることができているかどうかを判断するには、音を出した時に鼻の頭が振動する感覚があります。
このような感覚を覚えることができれば、うまく発生することができている証拠です。
普段実際に歌を歌う時にも、この感覚をよく覚えておいて、音を上手に響かせることができるようになれば、この練習の成果が生かせている証拠です。
共鳴についてはなれるまでに時間がかかってしまうかもしれませんが、上手にできるようになれば、歌声の幅も広がるはずです。

スポンサーリンク