発声練習 うがい

うがいによる発声練習の方法とは?

スポンサーリンク

一般的な発声練習の方法として挙げられるものとしては、ピアノによる音程をとる練習や、早口言葉などによるハッキリとした発声の練習などの方法が挙げられると思います。
しかし、意外と効果的な発声練習の方法として、うがいによるものがあるようです。
これは、うがいをするときの口や喉などの動きを意識することによって、実際に歌を歌ったり、声を出すときに生かすというものです。
これにはいったいどのような効果があるのでしょうか?
これには軟口蓋をうまく活用できるようになるという効果があるのです。
軟口蓋というのは、上顎の奥側の部分です。
イメージとしては、いびきをかくように思いっきり息を吸った時に、フガフガと音が鳴るあたりの部分です。

スポンサーリンク

うがいをするとき、この軟口蓋の部分が大きく開くような感覚を感じられるかと思いますが、この状態を体に覚えこませるために、うがいを活用するのが有効だといわれているのです。
軟口蓋が上にあがることによって、音が伸び、響きやすくなるため、きれいな発声ができるようになります。
この状態を作り出すためには、うがいしているときの口の開き方や喉の状態を覚えるようにしましょう。
場合によっては、うがいをしながら軽く発声してみたり歌ってみるという方法によってもイメージが付きやすくなるでしょう。
もしも、うがいでイメージを作るのが難しいという場合には、あくびするときの口の中の状態や「ガ」と発声するときの口の状態などの意識して覚えるようにすると同じような効果が得られます。
いずれも手軽な方法ですので、空いている時間などを利用して少しずつ毎日行うようにするといいでしょう。

スポンサーリンク