発声練習 喉 痛い

発声練習で喉が痛いときは

スポンサーリンク

少しでも合唱やカラオケでうまく歌えるようになりたいと思っていたり、ハキハキとした聞こえやすい声で話すことができるようになりたいと思った時に、一生懸命に発声練習に取り組みますよね。
頑張ることは非常に良いことなのですが、頑張りすぎたことによって、発声練習で喉が痛いと感じるようになることがあります。
このように、のどの痛みを感じるようになってしまった時にはどのようにすればいいのでしょうか?
まず、発声練習によって喉が痛くなってしまっている原因について考えるようにしましょう。
一つ考えられる原因としては、単純に練習のし過ぎであるということが考えられます。
頑張って練習してしまった分、かなりの負荷が喉にかかってしまって、痛みが生じてしまっているのです。
このときには、無理をせずにゆっくりと喉を休ませるようにしましょう。
ここまで頑張って練習してきた分、多少はお休みを取ったとしても悪くはないでしょうし、むしろきちんと休ませないと、いい声が出せなくなってしまうでしょう。

スポンサーリンク

また、他に考えられる原因としては、練習の方法が間違っているということが考えられます。
特にも、大きな声を出す練習を行っているときには喉を傷めてしまいやすいです。
良い歌声を出すための声の出し方と、単なる大声の出し方はやり方が異なります。
きれいな声を出しながら声量を出していくためには、腹式呼吸を意識した練習が大切になってきます。
これができていない状態で声だけ大きくしようとしても、喉に負担がかかって痛みが生じてしまいますので、腹式呼吸がきちんとできているのかどうかについても確認してみるようにするとよいでしょう。
きれいな声で歌い続けるには、無理にのどに力を籠めずに、自然にお腹から声が出てくるようなトレーニングに切り替えていきましょう。
特にも発声練習を始めたころには、なかなか腹式呼吸に切り替えることができずに喉を傷めてしまうことがありますが、徐々に意識して改善していくようにしましょう。

スポンサーリンク