発声練習 嚥下障害

嚥下障害は発声練習でリハビリ

スポンサーリンク

嚥下障害という問題に悩まされている人が多くいます。
嚥下障害というのは、食べものや飲み物をうまく飲み込むことができないような障害のことをいい、飲み込もうとするとむせてしまったり、うまくかんで飲み込むことができなかったり、そこまでの問題はなかったとしてものどに詰まりやすかったり、食べるのに時間がかかってしまうような場合もあります。
こうなってしまうと、非常に厄介ですよね。
ご飯や飲み物を飲みこもうと思ってもうまくいかないというのは非常にもどかしいですし、日常生活にも支障が出てきてしまいます。
このやっかいな嚥下障害は、幅広い世代に見受けられる症状で、先天的な問題である場合もあれば、加齢によるものや、神経の障害によって生じてしまう場合もあるようです。
この嚥下障害を改善していくための方法として、発声練習を活用する方法があるようです。
いったいどのような方法で嚥下障害を改善していくのでしょうか?

スポンサーリンク

嚥下障害を発声練習によって改善していくために、様々なパターンで声を発していきます。
例えば、「あー」と同じ音をできるだけ長く発生するという練習方法があります。
また、一つ一つの音を丁寧にはっきりと声に出す練習を行うことによって、顔や口、喉などの筋肉を鍛えていく方法が、発声練習による嚥下障害の改善方法になります。
また、発声練習と合わせて、口や舌の筋肉を動かす体操も同時に行うことによって、さらに効果を高めていくという方法もあります。
併せて呼吸の訓練も行っていくことも有効なようです。
嚥下障害になってしまっている場合、呼吸が浅くなってしまっているために、空気を十分に吸ったり吐いたりすることができなくなってしまっていることもあります。
これを改善していくために、腹式呼吸の練習を行ったり、胸に大きく空気を吸い込んだり吐き出したりする練習を行っていくのです。
これらのリハビリも、発声練習に似通った部分があります。
このようなトレーニングに加えて、慣れてきたら発声練習に取り組んでいくのも、嚥下障害を改善していくためには良いかもしれませんね。

スポンサーリンク