アナウンサー 発声練習 方法

アナウンサーが気をつける発声練習の方法

スポンサーリンク

アナウンサーが発声練習を行う際に、気をつけているポイントとして挙げられているのが呼吸と滑舌です。
呼吸は演劇や歌、武術などでも使われる腹式呼吸を覚えている方の場合には、簡単といえます。
鼻からおなかに空気をためるように吸い込み、少し止めてからゆっくり吐き出して吐き出した後おなかをひっこめるのが一般的です。
この方法を繰り返すことで、呼吸で声の通りをよくする効果や、長い原稿の文章をも呼吸を少なく読めるようになるといわれています。
それ以外の発声練習の方法としては、滑舌を良くすることです。
基本的に滑舌を浴するために行われていることが、口の動きをオーバーに行うことといわれています。
オーバーに行うことではっきりと聞こえるようになるからです。
大きく口を動かすというのは、最初のうちは特にも違和感があったり、恥ずかしさなどもあると思いますが、それを普段から意識することによって、ハキハキとした発音ができるようになっていきます。

スポンサーリンク

これらを繰り返し、さらに正しいイントネーションなどを学ぶこと、高齢者の方でも聞き取れるような発声練習を繰り返すことで、一人前のアナウンサーになるための声量や声の通り、滑舌の良さが手に入るといわれています。
練習するときに自宅で行うばかりではなく、何気なく話し方に気をつけることで、多少は滑舌がよくなったり、様々な部分で良い結果に導かれるといわれているのです。
鼻濁音などの発音は難しいといわれていますので、事前に確認しておくことこそ重要といえます。
毎日繰り返すことで自然な形で身につき、良い結果に結びつくといわれているのは事実です。
より高い効果を得たい場合には、自宅の自室である程度発声練習をしたり、カラオケで行う選択肢もあります。
自宅では家族や近所の方などに気をつかって、なかなか練習をすることができないことも多いですが、その点カラオケであればあまり周囲を気にせずに大きな声を出すことができるので、練習場所としてはなかなかにお勧めですね。

スポンサーリンク