鼻腔共鳴 練習

鼻腔共鳴の練習方法

スポンサーリンク

カラオケに行ったときなどは、なるべく上手に歌いたいものですよね。
上手にきれいな声で歌うことができると気持ちがいいですし、周りからも一目置かれることができるので、非常に気分がいいものです。
カラオケで上手に歌うためのテクニックの一つとして鼻腔共鳴というものがあります。
これは、鼻腔において声を共鳴させることによって、声を響かせて聞かせることができるというものです。
鼻腔というのは鼻から喉までの空間のことを言い、このスペースにおいて声を反響させることが大切になります。
普通の発声方法では、鼻の中にまでは声は入っていかず、口から音が出ていくと思います。
鼻腔共鳴の場合には、口からだけではなく鼻にも音を入れて響かせることによって、美しい歌声を出していくものになります。
鼻腔共鳴ができているかどうかを確認するためには、まずは鼻腔共鳴ができている状態の感覚をつかむ必要があります。
そのために一番簡単な方法としては鼻歌を歌ってみることです。

スポンサーリンク

口を閉じて、鼻でフンフン♪と鼻歌を口ずさんでみましょう。
すると、音が鼻から出ていくときに、振動が頭の方にまで伝わっていくことを感じられると思います。
続いて、口から普通に声を出してみてください。
このときには先ほどのような振動を頭の部分で感じにくいと思います。
歌っているときに、頭の上の方まで振動が響くような感覚で声を出すことができれば、鼻腔共鳴ができているということになります。
この感覚を意識しながら、今度はより具体的な練習にうつっていきましょう。
まずは、口を閉じて、舌を前に突き出し、歯の裏側にくっつけるようにします。
この状態で、少し声を出してみてください。
少し声を出しにくいと思いますが、少しでも音が鼻の中を通っていくような感覚をつかむことがこの練習の目的です。
わかりにくい時には、指で鼻の頭を軽く押さえながら声を出してみましょう。
普通に声を出すときに比べて、きちんと鼻腔共鳴できているときには、鼻からも振動を感じることができると思います。
この感覚をつかんでから実際に歌を歌う時にも意識するようにすると、鼻腔共鳴がうまくできるようになってきます。

スポンサーリンク