滑舌 割り箸

割り箸を使い滑舌をよくする方法

スポンサーリンク

滑舌が悪いといわれてしまうと非常に傷つきますよね。
また、周囲からははっきりとは言われなかったとしても、相手から何回も聞き返されてしまったり、それが特定の誰かからだけではなく、誰からもそのように何度も聞き返されるような状態が続いてしまうと、本当に自分は滑舌が悪いのではないかと自信を失ってしまうようなこともあります。
このような滑舌の悪さが悩みになってしまうと、人前に出て話をすることなどできなくなってきてしまいますよね。
しかし、この滑舌をよくしていく方法があります。
しかも、手軽に手に入れることができる道具を使って改善していくことができるのです。
その道具とは割り箸です。
ここでは割り箸を使った改善をよくするための方法を確認していきましょう。
まずは割り箸を二膳用意しましょう。
そして、どちらも割っていないそのままの状態で使用します。
最初に1本目の太い方を左右どちらかの奥歯で噛むようにします。
その後、2本目を同様に今度は逆側の奥歯でかみしめます。

スポンサーリンク

この状態で、言葉を発してみましょう。
通常の会話でも構わないですし、「あいうえお」などというように発生するのも良いでしょう。
普段発声練習をしていたりする場合には、その例文を使ってみるのも良いですね。
とにかく割り箸を口に挟んだままの状態で声を出すことによって、顔の筋肉を鍛えることができるようになります。
また、表情筋だけではなく、舌などの筋肉を鍛えることもできるようになり、滑舌を改善していくことに効果があるといわれています。
この割り箸によるトレーニングはできるだけ毎日行うようにしましょう。
さきほど顔の筋肉を鍛えられると言いましたが、つまりは筋力トレーニングと一緒で、継続して行っていくことが大切です。
始めたころはなかなかしんどいので続けていくことが辛いかもしれませんが、1日5分だけでもいいので継続してみるようにしましょう。
これによって、ボイストレーニングのような費用をかけずに手軽に滑舌を浴していくことが期待できます。

スポンサーリンク