発声練習 文章 例

発声練習の文章例とは?

スポンサーリンク

発声練習を行う時には様々な方法があります。
目的によっても方法は異なってくるのですが、ハキハキと話をすることを目的として発声練習を行うような場合には、それに適した文章を使用することもあるのです。
この発声練習の文章例としてはどのようなものがあるのでしょうか?
アナウンサーなどのように、はっきりとした発音を目指すのであれば、やはり早口言葉が有効でしょう。
有名なもので言えば、
東京特許許可局(とうきょうとっきょきょかきょく)
新人歌手 新春シャンソンショー(しんじんかしゅ しんしゅんしゃんそんしょー)
などがありますよね。
誰もが知っているフレーズだと思いますが、このような有名なものだけでもかなりの種類があります。

スポンサーリンク

しかし、早口言葉だからと言って、必ずしも最初から早口で言う必要はありません。
始めのうちはスピードよりも、正確に聞き取りやすく読み上げる練習から始めて、きちんと言えるようになったら、早く読めるようにトレーニングをしていくとよいでしょう。
また、早口言葉のほかにも、
「あえいうえおあお」などのように、一つ一つの音をはっきりと発声する練習も効果的です。
滑舌を改善したり、聞き取りやすい音を出していくためには、早口言葉だけではなく、これらの発声練習も取り入れることによって、相手から聞き取りやすい発声ができるようになっていきます。
さらに、「こんにちは」「ありがとう」などの挨拶を発声練習として取り上げるのも良いでしょう。
普段から周囲の人にはきちんと挨拶をしなければいけないと思いますが、これがなかなかできない人もいます。
ですので、逆にあなたがはっきりとした声であいさつができるのであれば、周囲の印象も大きく変わって一石二鳥ですね。

スポンサーリンク