発声練習 小学生 方法

小学生でもできる発声練習方法

スポンサーリンク

プロの歌手や声をだす機会が多い職業についている人は、声の出し方が普通の人とは違うため長時間声を出すことが苦痛ではありません。
発声と聞くとボイストレーニングに通うことをイメージする人が多くいます。
ボーカリストや声優を目指す人たちの多くが通うボイストレーニングですが、コツや声が出る仕組みをよく理解することで家庭でも簡単に発声練習をすることができます。
小学校の音楽の時間にも発声練習を取り入れている場合もあります。
声の出し方の基本をマスターすることで、より美しい声を長時間出し続けることができます。
発声は音楽だけでなく、様々な生活の中でも活用できるため、小学生の頃から正しい発生方法を知っておくととても便利です。
子供のころから大きな声やきれいな声を出せるようになったり、そのための方法を学んでおくと、それがこれから生涯の資産ともなっていきます。

スポンサーリンク

発声練習に大切なことは、姿勢・腹式呼吸・口の開け方を正しく行うことです。
まずは肩の力を抜いて体をリラックスさせて重心をやや前にかけます。
体に力が入っていると声も出にくい状態になってしまいます。
呼吸は腹式呼吸で行います。
普段の胸式呼吸では、体に力が入りやすいため喉がかたくなり長時間声を出すことが難しくなってしまいます。
腹式呼吸は横隔膜を下げながら呼吸するため、肺が広がらないため肩や喉に力が入りにくくリラックスした状態で呼吸をすることができます。
口は大きく開けることが大切ですが、その際あごがに痛みや違和感がある場合は無理せずにあごの筋肉をほぐしながら行います。
自然な笑顔の口をイメージしながら開きます。
小学生でも家庭でできる方法のため、普段から意識して行うことで正しい発生方法が身に付きます。
このような発声練習を繰り返していくことによって、徐々に良い声を出せるようになっていくといいですね。
できれば、楽しみながら練習を継続していけると、上達も早くなっていくでしょう。

スポンサーリンク