低音の発声練習の方法

スポンサーリンク

皆さんは発声練習したことがありますか。
ここでは響きのある低音の発声練習の方法を説明したいと思います。

 

低音は響きのある発声の仕方をすると案外出ることもあるので、まずは響きのある音を出す方法を説明します。
普段の声の出し方だと口の中の空間が狭いため響きのある声は出ません。

 

では、どうすれば良いのか。
実は、力んでいると声は逆に出なくなってしまうんです。
なのでリラックスした体勢で発声しましょう。
足は肩幅に広げて手にもほとんど力を入れない体勢になりましょう。
また、声を出すときはあくびをイメージしてください。
あくびをするとき口の空間はかなり広がります。
その時の空間を作り出せたなら響きのある声が出ます。
顎を引いてのどぼとけを下げるようなイメージです。
厳しかったらお腹の辺りも使って支えましょう。

 

以上のことを意識して練習してみてください。

スポンサーリンク

響きのある声が出せるようになれば低音までもうすぐです。

 

まずは、自分の出せる音域を知りましょう。
それを知らなければ自分の今のレベルが分からず苦労します。
自分の音域を知ったら次はその音域を広げていきましょう。
ピアノなどを使って楽に出せる音から発声し、徐々にその音を下げていきましょう。
そうすることでだんだん出せる音域が広がっていきます。
また、怒っているときなどたまに自分でも驚くぐらい低い声が出ることがあります。
その時の様子をイメージ寺しながら発声するのも効果的です。
肺呼吸だと低音を出すのが厳しいので腹式呼吸も心掛けるようにしましょう。

 

以上の点に注意すれば徐々に低音が出るようになります。

 

また、もっと高いレベルを目指す方は音楽教室などに通ってみてもよいかもしれません。

スポンサーリンク