合唱での強みとなるアルトの発声練習

スポンサーリンク

美しいハーモニーを奏でる合唱において、アルトやソプラノなどその音程が及ぼす影響は、合唱の仕上がり全体に及びます。
その合唱の形成要因となるアルトは、特に強い影響力を与える女性のパートとして有名です。
このアルトのパートを完全に歌い上げる発声練習方法をご紹介します。

 

しかし、パートにおける特別な練習方法というものもないというのが、合唱の世界に共通して言われている事実の様です。
考えてみると発声に関しての練習も全体的に統一されているイメージが湧いてきます。

 

そこで、重要となってくる方法としては、歌声を合わせる練習に重点がおかれる様です。
揃える内容としても声の調子やリズムまで、こちらの練習領域を考えると、練習の効果に期待できるのも納得できそうです。

スポンサーリンク

合唱に大きな影響力を与えるこのアルトの音域ですが、気をつけてもらう必要のある事項として、出来る範囲内に留めることも重要な様です。
リズムも声も整えることは、いつでもできますが、それは響き渡る素敵な発声ができるという前提があって初めて可能となる、そのことを頭に入れておくことが大切になってきます。

 

まとめると、コーラス全体での発声の練習を日々怠ることなく続けること、声の調子やリズムを丁寧に整え揃えること、そして決して無理な発声を行わないことが、全体の成功に繋がる発声練習となりそうです。

 

クラスでチームで、コーラスを楽しむ際には、このポイントを抑え楽しく練習してみて下さい。
そして、素敵な声を会場に響かせて頂けたら、それはみなの喜びとなることでしょう。

スポンサーリンク