2歳の子供に言葉を覚えさせる発声練習

スポンサーリンク

子供は基本的に1歳を過ぎる頃から言葉を喋り始めると言われています。
その言葉を発するという行動にはかなりの個人差があるとされ、10ヶ月で初語を喋り始めるといった成長の早い子供もいるが、2歳を過ぎてもはっきりとした初語を喋る事が出来ない成長の遅めの子供もいます。

 

そこで、2歳を過ぎても初語を喋る事が出来ないといった子供に使える発声練習について説明していきます。
まずは、子供が普段から自然と行っている行動だと言われる泣く・笑う・大声を出すといった行為も発声練習へと繋がるという事が分かっています。
そして、言葉にちょっとした動作を付けるなどの工夫をすれば、子供の興味を引く事に繋がるため、必死に覚えようとしてくれます。

スポンサーリンク

まずは言葉の基本とされる発音とされる「あいうえお」の発声を身に付けさせます。
これにより、複雑な舌の動きや口の動かし方や発声する方法を覚える事に繋がり、自然と出てくるようになってきます。

 

何より子供は母親や父親などを中心とした自分の周りの大人を見ることによって成長します。
両親を中心に大人がしっかりと子供に様々な言葉を投げかけたり、本などを使った読み聞かせをしてあげたりする事が、一番大切だと言えます。
大人が子供に喋りかけてあげる事によって、子供がそれを真似事のように繰り返す事によって、発声する事を覚えてくれる事に繋がります。
普段からしっかりと子供に話しかけてあげる事が最も効果的な発声練習だと言えるのです。

スポンサーリンク