発声練習で、喉の調子がいい時間帯

スポンサーリンク

 発声練習で喉の調子がいい時間帯については、個人差はあるものの、一般的には、朝起きてから4時間〜5時間程度たった頃から、日没までの時間帯が、一番声が出しやすく、喉の調子がいい時間帯となります。
逆に、朝起きてすぐだったり、食後すぐや眠気が増してくる時間帯などは、喉に負担がかかるので、発声練習はNGとなります。
食後すぐは、身体の機能は消化が優先されますので、喉に負担がかかりやすくなります。

 

 発声練習を行う場合には、喉を傷めてしまうリスクを、できるだけ回避することが重要です。
喉に負担がかかる時間帯の長時間の練習は、特に注意するようにしましょう。
朝に練習を行う場合には、身体を目覚めさせるという意味でも朝食を摂り、1時間程度経ってから行うようにしましょう。

スポンサーリンク

 発声練習を行う場合には、いずれの時間に行うにしろ、最初から大きな声を出すというのはNGです。
最初は大きな声は出さず、自分が出しやすいトーンから始めるようにします。
そして、時間をかけて徐々に大きな声や、高低の声を出していくようにしましょう。

 

 発声練習を行う場所については、リラックスと集中ができる場所であること、外部の音が入り込まない場所であること、自分の声が外に漏れず、安心して思いっきり練習することができる場所であることという条件を満たす必要があります。

 

 自宅で練習する場合、防音室などが完備されているのであれば、問題ないのですが、近所や家族に遠慮して、自分では無意識に声をおさえている場合も少なくありません。
練習によって変なクセがつくこともありますので、練習場所は重要となります。

スポンサーリンク