ビブラートの方法を発声練習でつかむ

スポンサーリンク

カラオケなどでビブラートを聞かせた歌声は魅力的です。
自分でもやってみたいからと発声練習をしようとしても、簡単にできないことも少なくありません。
正しい発生方法を学び、練習を繰り返すことが大切です。

 

メディアで良く知られている方法としては、横隔膜を震わせる方法だといわれています。
この方法はテレビなどで紹介されることが少なくありませんが、大切なのは腹式呼吸と喉の力の抜け具合です。
具体的なポイントとしては、発声練習を行っている最中に、声が自然胸の中で響くような形で歌うことといわれています。
自然にできるようになったらビブラートができるようになった証拠です。
最初は裏声でやると、成功しやすいといわれています。

スポンサーリンク

避けたほうがいいのは顎を使って声を震わせる方法です。
無理に過剰な力や動きを顎に使うことになってしまうため、顎関節症になる可能性が高いといわれています。

 

カラオケボックスで歌う際には、できるだけ音声をクリアに聞き、正しくビブラートがかかっているかどうか確認することが大切です。
具体的にはマイクを使う際にエコーがかかっていたら切ってください。
ビブラートが正しくかかっている場合には、エコーがかえって邪魔になります。
練習を繰り返すことによって自然な形で声にビブラートがかかるようになりますので、使い方を間違えずに快適に活用できることこそ重要です。
質の高いやり方を心得ておくことこそ上達への最大の努力といわれています。

スポンサーリンク