合唱で音階を外さないための発声練習の大切さと方法

スポンサーリンク

合唱の練習で「発声練習」はとても大切です。
スポーツの前にしっかりストレッチをするのと同様です。

 

発声練習に30分ほどの時間をかける合唱団もあるくらい、良い声を出すための準備運動として重要です。

 

周りと比較して、「声が出ていない」「音階をはずしがち」と感じるのであれば、この、発声練習が足りないせいかもしれません。

 

よく、「おなかから声をだして」とか「腹筋を使って」という表現を聞きます。

 

口だけで発声しても、「息漏れ」で声になりきれないせいで響きにくくなります。

 

おなかや腰に力が入っていて初めて、声量が豊かになります。

 

息漏れしているかどうかは簡単に確かめる方法があります。

 

口に手のひらを近づけてて「あー」と声を出した時に、手のひらに息を感じたら息漏れしています。

スポンサーリンク

身体が硬くなっていても、合唱にはよくありません。

 

「あー」と発声しながら、首を左右に動かして力を抜いたりします。
身体をぶらぶらさせたり、膝を上下させるなど、自分がリラックスしやすい方法を、普段から見つけておくと楽です。

 

「スタッカート」は、合唱の中でもよく出てくるので、「ハッハッハー」と、腹筋を使って息を吐く練習が効果的です。

 

発声練習では時に、1人で歌うシーンもあります。
皆の前で音階をはずしたらどうしようと、緊張するかもしれませんが、それを恐れていては進歩がありません。

 

歌うために喉を潤したり、温めたりして慣らしてから曲の練習に入れるよう、生活を管理する気持ちも大切です。

 

1人1人の声があって美しいハーモニーが生まれるのが、合唱の楽しさです。

スポンサーリンク