合唱で高音を出すための発声練習

スポンサーリンク

合唱をする上で曲の練習以上に大事と言えるものが、発声練習です。
歌を歌う前に発声練習をすることで、声を出す際ののどへの負担を減らし、また、皆と同じアプローチで声を出すことで声質を合わせる効果もあります。
合唱に取り組む際に皆がよく気にする問題の一つとして、高音へのアプローチがあります。
のどを締め上げるように狭めて、叫ぶように高音を出すやり方がよく見られますが、音程が安定しない上に響きのある声にならないため、一人で歌う分にはよいかもしれませんが合唱には不向きです。
また、のどに力を入れるような発声だと声帯に余分な負荷がかかり、のどを痛めてしまう原因にもなります。
そこで、いかにのどへの負担をかけずに高い音を出すかが重要となります。
このポイントを押さえておかないと、たとえ一時的には声が出せるようになったとしても、たまった負担が原因となって、継続して美しく力強い歌声を出していくことができなくなってしまうのです。

スポンサーリンク

それでは、いったいどのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか?
なかなかそのポイントがわからないことも多いですよね。
そこで意識してお行きたいこととしては、高い声を出す際の発声のアプローチとして、お腹に力を入れて出すことが重要となります。
よく「原から声を出すように」と言われますが、正確にはお腹に力を入れることで肺の下にある横隔膜を持ち上げ、声を出すイメージです。
声帯を通る息の量を増やすことで、のどを締め上げずに高音を出すことができ、また音程も安定します。
この時、上半身に力が入っていると肺が十分に伸び縮みできないため、上半身の力を十分に抜き、お腹の下側に空気を送り込むようなイメージで呼吸するとやりやすいです。
発声練習時の声の出し方としては、いきなり高い音から出すのではなく、出しやすい音程から上半身の力を抜いた状態を維持しつつ音程を上げていくと、力を抜いた状態で高音を出しやすくなります。

スポンサーリンク