発声練習 方法 劇

演劇部で活用可能な発声練習とその方法

スポンサーリンク

演劇などの場で活躍を続ける役者さんたちが、注目し日頃練習をしている発声練習とその方法についてご紹介します。
発声は腹式呼吸など、お腹の中から発生させることがポイントの様です。
まずは、息を吸い込むことがスタート段階です。
そこから、思い切って息を吐き出します。
その時に声も出すのですが、この発声時には一定の時間出し続ける点がポイントとなってくる様です。
これを長発声と呼びます。
次に短発声について説明すると、短い発声を大きな声で歯切れよく行っていきます。
一定回数を続けて行うことが、短発声においてはポイントとなってくるでしょう。
この他にも、あいうえおを連続して発声する方法や、あかさたなの発声練習など親しみのある練習方法が挙げられます。

スポンサーリンク

実際にこれらの発声練習を耳にすると、一度は誰もが聞いたことがあると答えられる方法かもしれません。
演劇部に関心がある人もそうではない人もおそらく親しみをおぼえるのではないでしょうか。
これらの練習ですが、練習全体において時間をかけずに行っていることも特徴的であり、関心の薄い人にとっては驚きかもしれません。
演劇部といえば、発声がメインと思い込む位、発声が占める重要度は高い様に思われているからかもしれません。
しかし、この発声練習は日々、持続した練習への取り組みが重要であるということも事実のひとつです。
演劇に関連する役者さん方を思い浮かべてみても、プライドが高く、こだわりのある方を思い浮かべます。
高いプライドは、美意識高い日常に比例するのでしょう。
その美意識の中に取り込まれる発声練習とその方法に関するご説明でした。

スポンサーリンク