高齢者向け 発声練習 方法

高齢者向けの発声練習の方法

スポンサーリンク

「発声練習」というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。
正しい音階を出すための練習や滑舌を良くするための練習、文章を読む練習など様々な方法があります。
発声練習は、若い世代はもちろん、高齢者にも最適な健康維持方法であるといえます。
声をしっかりと出すことにより、老化防止や表情筋を鍛えることが出来るなどの効果を期待することが出来ます。
高齢者向けの方法としては、しっかりと顔の筋肉を動かしていくような練習をすることが重要です。
老化により、舌や唇の動きが悪くなっているため、最初はなかなかうまく出来ない可能性もありますが、諦めずに簡単なところから行うようにするということが大切です。
高齢者向けには唇を弾いて発音する「ま・ぱ」の練習から始めてみましょう。
これらの音を発音する練習を繰り返すことによって、舌や唇の動きを徐々に良くしていくことができるようになってきます。

スポンサーリンク

高齢者の場合、老化現象により、耳が聴こえにくくなっていることがあります。
そのため、練習内容の指示を出すという時には、大きな声を出すということを心掛けるようにします。
言葉だけの指示では伝わらないという場合には、イラスト等を用いて説明したり、見本を見せるということも大切です。
また、同じことばかりを行なっていると、飽きてしまうこともありますので、練習内容に変化をもたせるようにしましょう。
発音練習は無理をしないということが重要です。
無理をしてしまうと、途中で諦めてしまったり、嫌になってしまう可能性があります。
大切なことは、少しずつでも毎日継続して行うということです。
一人ひとりの状態に応じて、行うようにしましょう。
その方によって、同じ発声練習という活動であってもその負担の度合いが大きく異なります。
毎日継続していくためには、やはり、その人にとって無理のないペースで行っていくことが非常に大切になってきますので、それぞれに合わせた方法やペースを守って行っていきたいものですね。

スポンサーリンク