英語 アナウンサー 発声練習

英語圏のアナウンサーの発声練習

スポンサーリンク

アナウンサーは、明瞭に発音できることが大切で、アエイウエオアオ カケキクケコカコで知られる発声練習を毎日のように行っています。
「ア」では口を大きく広げて、「イ」では左右の口角を高くあげ、耳元まで引き上げます。
「ウ」は口をすぼめて前に出し、「え」では口を開き気味にして、舌を下の歯茎の裏につけるようにします。
「オ」は、くちの中に大きな空洞をつくるようにします。
このアイウエオは母音とよばれ、他の行の音を発音するときにも使います。
そして実は、英語の発声練習においても、効果を発するのです。
英語の子音は日本語より多いのですが、実は母音は日本語と同じ、「a」「i」「u」「e」「o」が基本となります。
この発音練習は、英語の発音を明瞭にするためにも使えるのです。

スポンサーリンク

英語圏のアナウンサーがどのように発声練習をしているかですが、よく使われるのは早口言葉です。
She sells seashells by the seashore.(彼女は海辺で貝殻を売る。
)や、Peter Piper picked a peck of pickled peppers. (ピーター・パイパーが、1ペックの唐辛子の漬物を拾った)などがよく知られています。
日本では、アナウンサーは標準語を使うことが求められますが、海外のアナウンサーは、とくに多国籍なアメリカやオーストラリアでは、少々なまりがあってもアナウンサーとして活躍している人が多くいます。
ポイントはイントネーションよりも、明瞭に滑舌よく話すことで、そのために、早口言葉で練習するようです。

スポンサーリンク