演劇 発声練習 英語

英語での発声練習は演劇をするひとにもおすすめ

スポンサーリンク

始めて会ったひとと話すときにはそのひとの表情などとともに声も第一印象を左右します。
小さな声でぼそぼそと話すひとにはなにか自信なさげで警戒心を抱きがちです。
大きな声ではっきりと話すひとには快活で信用できる印象を持つことが多いものです。
このように声や話し方はそのひとのイメージを上げたり下げたりすることがあるので、普段から注意して話したいものです。
話すスピードも重要なポイントです。
自信を持ってゆっくりと話すと聞くひとにとってさらに分かりやすくなり説得力が増します。
商談や仕事のプレゼンテーションなどでは続けてまくしたてるのではなく、一文一文ひと呼吸おきながら進むと効果的です。
話すスピードは普段から意識すれば比較的簡単に直すことができます。

スポンサーリンク

もともと声が小さく、がんばっても大きな声が出しにくいひとも多いようです。
また大きな声が出ても続かないひともいます。
声が小さいひとは声が大きいひとと比べて肺活量も少ないことが多く、声量をアップさせるためには発声練習などの努力が必要になります。
発声練習を行うときには英語での発声を取り入れることがおすすめです。
口の中だけで話すことのできる日本語と違って英語は口全体をまんべんなく使うので滑舌もよくなると評判です。
大きな声ではっきりと話せるようになるので英語での発声練習は演劇をするひとにも取り入れられています。
演劇だけでなくアナウンサーやナレーターなど声のプロと呼ばれるひとにも広く行われているので、英語での発生練習を続け魅力的な声を手に入れましょう。

スポンサーリンク