発声練習 ピアノ 弾き方

発声練習を行う際のピアノの弾き方

スポンサーリンク

合唱やボイストレーニングを行っている方にとって、いきなり本番のレッスンに入るのではなく、ウォーミングアップとしてはじめに発声練習を行うのが一般的です。
これは非常に大切な習慣であり、レッスン前の発声練習は、スポーツで言うところの準備運動と同様の役割を果たします。
歌を歌う時、普通に会話をするのとは比べ物にならないほど、大きな負担が喉に掛かっています。
そのような負担の掛かる行為を、事前の準備運動なしにいきなりしてしまうことによって、喉を傷めてしまうリスクが高くなってしまうのです。
声を出やすくするだけでなく、このようなリスクを下げ、自分の喉を大切にするためにも、適切な方法で発声練習を行うことが重要です。

スポンサーリンク

さて、発声練習を行う際には、ピアノの伴奏に合わせて声を出すケースが多いですが、一体どのようなピアノの弾き方が効果的なのでしょうか。
その答えは、非常にオーソドックスではありますが、音階をベースにした弾き方です。
なぜなら、発声練習にはレッスン本番前に、声を出すことに慣れるという目的のほか、音程のピント合わせをするという目的もあるからです。
これから歌おうとしている時、最初からズバリ正確な音程で発声するのは、訓練を積んでいないと困難です。
だからこそ、はじめに音階を行ったり来たりすることによって、音程のピント合わせを事前に行っておくと、スムーズに本番のレッスンに入ることができるというメリットがあるのです。

スポンサーリンク