発声練習 方法 アナウンス

アナウンスの発声練習方法で滑舌の良い話し方が可能に!

スポンサーリンク

滑舌を良くして誰からも聞き取りやすい話し方をしたいという人は、アナウンスの発声練習方法を習得すると今までの話し方を改善することができます。
アナウンスの仕事は話を聞いてもらうことなので、誰にでも聞き取りやすい話し方をする必要があります。
アナウンスの仕事をしている人は滑舌や発声を良くするために、毎日発声練習を行っていることが多いです。
その方法はいくつかありますが、大体の人は仕事に入る前に口を動かしたり体を動かすと言った運動を行います。
声はお腹から出すことも良い話し方をするのに重要なことなので、腹筋を鍛える人もいます。
そうして口や体をほぐしておくことで、なめらかで聞き取りやすい話し方をすることができます。
このように、アナウンサーといったプロの方も様々な方法によって話し方の練習を行っているのですが、聞き取りやすい話し方を行うためには、このような聞く側を意識した練習が大切になってきます。

スポンサーリンク

母音をしっかり発音するように発声練習を行う人ことも、聞き取りやすい話し方を習得するのに大切です。
口を大きく開けて母音をはっきり発音することで、何を話しているのか分かりやすく聞き取ることができます。
鏡を見ながら行うと、口を大きく開けてしっかり発音できているか確認することができます。
また、滑舌が良くなるために早口言葉を練習することも有効です。
毎日続けていれば、自然と聞き取りやすい話し方に変わっていくことができます。
将来アナウンサーやナレーターなどの仕事に就きたい人は、イントネーションにも気を付けることが大事です。
同じ言葉でも状況によってイントネーションは異なってくるので、頭の中で現在の状況を把握しながら話すことが必要になってきます。
このように、基本となる発声練習を繰り返しつつも、状況をきちんと把握したり、情景を思い浮かべた状態で適切なイントネーションで発声していくこともアナウンスを行う際には大切になってきます。
これらの点について意識して、聞き手にとって聞き取りやすく、好感を抱いてもらえるような話し方ができるようになるといいですね。

スポンサーリンク