合唱 発声練習 ピアノ

合唱の発声練習にはやはりピアノが一番

スポンサーリンク

合唱をするときには、練習のためやウォーミングアップのために、発声練習をすることがあると思います。
いきなり合唱曲を使って練習をするのも良いのですが、基礎である音階をきれいに出すためにも、声量を出せるようになるためにも、発声練習というのは欠かすことができません。
しかし、発声練習と言っても様々な方法があります。
そのなかでもやはり効果的なのは、ピアノを使った練習です。
よく、音楽の授業などで行ったことがあると思いますが、ピアノで音程を確認しながら、半音ずつあげたりして高い音を出してくという方法です。
これがスタンダードな発声練習であり、ピアノで正確に音を確認しながら自分の出す音を調整していくことができるようになります。
何事も基礎的な練習が大切だといわれますが、やはり合唱の練習においても発声練習は基礎となるものであり、非常に大切なものになります。
ですので、この基本となる発声練習をきちんと押さえておくようにしましょう。

スポンサーリンク

このとき、半音ずつ挙げていくだけではなく、あげていった後に今度は少しずつ音を下げて低音に戻していくことも忘れないようにしましょう。
あげてから下げるまでが1セットだと思って取り組む方が効果が高いようです。
もしも、ピアノによって音を確認することが難しいのであれば、録音した音源を用いるのも良いでしょう。
これであれば、ピアノのない場所でも発声練習をすることが可能になりますし、大勢で音源をシェアして、個別の練習にも生かしていくことができます。
合唱の練習では、全体で合わせる練習ももちろん大切ですが、パートごとの練習や、個人練習も非常に大切になってきます。
このときにも基本となる発声練習をおろそかにするわけにはいかないので、ピアノによる音の確認をしつこいくらいに行うようにするとよいでしょう。
やはり、何事も基本練習を積み重ねることは非常に重要です。
その中でも、音を確認しながらトレーニングすることができるピアノによる発声練習は欠かすことができないですね。

スポンサーリンク