発声練習 演劇 方法

演劇における発声練習方法

演劇における発声練習方法記事一覧

演劇における早口言葉とは子供のころに遊びで行っていたものとは違います。発声練習の一部として取り入れますが、その目的は滑舌を良くするためのものです。演劇において声量、滑舌がしっかりあったうえでの感情をこめての発声が必要になります。いくら感情をこめて発声しても声量がなければ観客には届きませんし、滑舌が悪ければ何を言っているのは観客にはわかりません。どんなスポーツも基本練習が大事なように声量や滑舌あって...

学校の演劇部に所属していたことがあるなら、発声練習をした経験があると思います。ここでは、その方法についてお伝えしましょう。まず、舞台に立ってよく通る声を出すためには、腹式呼吸ができるようになる必要があります。普通の時の呼吸は肺によって行う呼吸ですから、腹式呼吸に切り替えるための練習が必要となります。たとえば、仰向けに寝た姿勢で深呼吸してみてください。そうすると、お腹が上下に動くのを体験するはずです...

始めて会ったひとと話すときにはそのひとの表情などとともに声も第一印象を左右します。小さな声でぼそぼそと話すひとにはなにか自信なさげで警戒心を抱きがちです。大きな声ではっきりと話すひとには快活で信用できる印象を持つことが多いものです。このように声や話し方はそのひとのイメージを上げたり下げたりすることがあるので、普段から注意して話したいものです。話すスピードも重要なポイントです。自信を持ってゆっくりと...

演劇などの場で活躍を続ける役者さんたちが、注目し日頃練習をしている発声練習とその方法についてご紹介します。発声は腹式呼吸など、お腹の中から発生させることがポイントの様です。まずは、息を吸い込むことがスタート段階です。そこから、思い切って息を吐き出します。その時に声も出すのですが、この発声時には一定の時間出し続ける点がポイントとなってくる様です。これを長発声と呼びます。次に短発声について説明すると、...