発声練習 自力 方法

自力で発声練習を行う方法

自力で発声練習を行う方法記事一覧

発声練習というのは意外と日常的にも大切です。それというのも、大きな声を出せれば遠くにも届くので非常時などでも便利ですし、滑舌よく話せれば相手に話が伝わりやすいので楽しい会話もできますし、話し方だけではなく歌を歌うのも上手になります。実は発声練習で腹式呼吸などを上手く使えるようになれば、酸素をたくさん吸うことができるようになるので水中などで長い間息を止めるということも可能になったりします。とはいえ、...

発声練習をする際には、ただ声を出せばいいかというとそうではありません。喉だけでなく、体の様々な部分を使って声を出せるようにすると効果的です。まずは、顔や首、肩の筋肉を動かし、緊張をほぐします。体に力が入り過ぎてしまっていると、なかなかきれいな声を出すことが難しくなってしまうからです。次にお腹全体を動かして何回か連続して短く、数十秒ほどの長さでゆっくりと吐きます。息を吸うときは肩を上げずに鼻から吸い...

歌手を目指していたり、演劇などで自宅で発声練習が必要となった場合、一番良いのは防音室で練習をする事ですが、普通の家庭ではまず防音室なんてものはありませんし、防音材が使われている部屋も滅多にありません。そこで、役に立つのが防音カーテンです。防音カーテンは、その名の通り窓に設置をするだけで防音効果がもたらされるカーテンです。ただ普段と同じようにカーテンを設置するだけで良いので、金銭的な事情などでリフォ...

 発声練習で喉の調子がいい時間帯については、個人差はあるものの、一般的には、朝起きてから4時間〜5時間程度たった頃から、日没までの時間帯が、一番声が出しやすく、喉の調子がいい時間帯となります。逆に、朝起きてすぐだったり、食後すぐや眠気が増してくる時間帯などは、喉に負担がかかるので、発声練習はNGとなります。食後すぐは、身体の機能は消化が優先されますので、喉に負担がかかりやすくなります。 発声練習を...

皆さんは発声練習したことがありますか。ここでは響きのある低音の発声練習の方法を説明したいと思います。低音は響きのある発声の仕方をすると案外出ることもあるので、まずは響きのある音を出す方法を説明します。普段の声の出し方だと口の中の空間が狭いため響きのある声は出ません。では、どうすれば良いのか。実は、力んでいると声は逆に出なくなってしまうんです。なのでリラックスした体勢で発声しましょう。足は肩幅に広げ...

発声練習を行う時には様々な方法があります。目的によっても方法は異なってくるのですが、ハキハキと話をすることを目的として発声練習を行うような場合には、それに適した文章を使用することもあるのです。この発声練習の文章例としてはどのようなものがあるのでしょうか?アナウンサーなどのように、はっきりとした発音を目指すのであれば、やはり早口言葉が有効でしょう。有名なもので言えば、東京特許許可局(とうきょうとっき...

滑舌が悪いといわれてしまうと非常に傷つきますよね。また、周囲からははっきりとは言われなかったとしても、相手から何回も聞き返されてしまったり、それが特定の誰かからだけではなく、誰からもそのように何度も聞き返されるような状態が続いてしまうと、本当に自分は滑舌が悪いのではないかと自信を失ってしまうようなこともあります。このような滑舌の悪さが悩みになってしまうと、人前に出て話をすることなどできなくなってき...

カラオケに行ったときなどは、なるべく上手に歌いたいものですよね。上手にきれいな声で歌うことができると気持ちがいいですし、周りからも一目置かれることができるので、非常に気分がいいものです。カラオケで上手に歌うためのテクニックの一つとして鼻腔共鳴というものがあります。これは、鼻腔において声を共鳴させることによって、声を響かせて聞かせることができるというものです。鼻腔というのは鼻から喉までの空間のことを...

少しでも合唱やカラオケでうまく歌えるようになりたいと思っていたり、ハキハキとした聞こえやすい声で話すことができるようになりたいと思った時に、一生懸命に発声練習に取り組みますよね。頑張ることは非常に良いことなのですが、頑張りすぎたことによって、発声練習で喉が痛いと感じるようになることがあります。このように、のどの痛みを感じるようになってしまった時にはどのようにすればいいのでしょうか?まず、発声練習に...

一般的な発声練習の方法として挙げられるものとしては、ピアノによる音程をとる練習や、早口言葉などによるハッキリとした発声の練習などの方法が挙げられると思います。しかし、意外と効果的な発声練習の方法として、うがいによるものがあるようです。これは、うがいをするときの口や喉などの動きを意識することによって、実際に歌を歌ったり、声を出すときに生かすというものです。これにはいったいどのような効果があるのでしょ...

有名な発声練習の方法として、「まめまめ」と発声する方法があります。発音の方法としては、「まめまめまめまめまー」と発声します。これを行う時には、まずは音程に気を付けて行うことを第一に意識しましょう。最初は自分の行いやすい音程から始めて、半音ずつ挙げていくようにしましょう。そして、ある程度自分の限界まで上げていったら、あとはまた半音ずつ下げていきましょう。一番最初の音程まで戻ってきた後も、そのまま半音...

あなたは、声が通らないことにお悩みではありませんか?当然ですが、人によって声は異なります。ですので、もともと声が小さかったり、低かったりするなど、声質によってなかなか声が通りにくいということもあるのです。そして、声が通りにくいと、やはり大勢に対して呼びかけなければいけないときに困ってしまいます。こんな時、周囲から「もっと声出せよ!」とか、「全然聞こえないんだけど・・・」などと言われてしまうことがあ...

発声練習をするときには、いくつか気を付けるべきポイントがあります。その1つとして、喉を開くことが大切であるといわれています。いったい、どのようにすれば、喉を開いて声を出すことができるようになるのでしょうか?喉を開いていい声を出すためには、まずは軟口蓋をあげることが大切になります。軟口蓋というのは、上顎の、鼻の穴とつながっているあたりのことを言います。ここを大きく開くように意識することによって、大き...

発声練習というのは、独学で進めていくこともできるのでしょうか?本気でボイストレーニングを行おうとするのであれば、やはり独学で行うよりも、スクール等に通って行ったほうが、確実に上達することができるでしょうし、レベルアップしていくスピードも速いと言えるでしょう。しかし、だからといってどのスクールに通えばいいのかもよくわからないことが多いですし、受講料も高額であるために簡単には手を出すことができないこと...

一般的な発声練習の方法としては、ピアノなどの前で大きな声を出すことが多いですよね。しかし、自宅でも発声練習を行いたいときには、ピアノなどないことがほとんどですし、そもそも、自宅において大きな声を出すというのは家族や近所の方にとっての迷惑になってしまいますので、なかなかできないですよね。とはいえ、自宅でもきちんと練習をして、さらにきれいな声を出せるようになりたいものです。防音設備もないような一般的な...

発声練習の方法としては非常に様々な方法がありますが、その中の1つとして寝ながら行う発声練習の方法があります。これはどのような練習方法なのでしょうか?ただ単に、ゆかにごろごろと寝そべって声を出せばいいというものではありません。きちんとした姿勢を保ったうえで練習を行う必要があります。まずは、仰向けに寝るようにします。このときに、背筋がまっすぐになるように意識するようにしましょう。また、足はまっすぐ伸ば...

合唱でもカラオケでも、あるいはアナウンスなどの声を使った仕事を行う時であっても、共通して言えることは発声練習が重要であるということです。しかし、なかなかしっかりと時間をかけて練習していくことが難しいという場合もありますよね。このように、なかなか時間を取ることができない場合には、短時間でも行える発声練習を取り入れていきたいものです。短時間で発声練習を行うためにはどのような方法を取っていけばいいのでし...