発声練習 アナウンス 声優 方法

アナウンス向けの発声練習の方法

アナウンスや声優向けの発声練習の方法記事一覧

アナウンサーが発声練習を行う際に、気をつけているポイントとして挙げられているのが呼吸と滑舌です。呼吸は演劇や歌、武術などでも使われる腹式呼吸を覚えている方の場合には、簡単といえます。鼻からおなかに空気をためるように吸い込み、少し止めてからゆっくり吐き出して吐き出した後おなかをひっこめるのが一般的です。この方法を繰り返すことで、呼吸で声の通りをよくする効果や、長い原稿の文章をも呼吸を少なく読めるよう...

滑舌を良くして誰からも聞き取りやすい話し方をしたいという人は、アナウンスの発声練習方法を習得すると今までの話し方を改善することができます。アナウンスの仕事は話を聞いてもらうことなので、誰にでも聞き取りやすい話し方をする必要があります。アナウンスの仕事をしている人は滑舌や発声を良くするために、毎日発声練習を行っていることが多いです。その方法はいくつかありますが、大体の人は仕事に入る前に口を動かしたり...

声優になるために努力している人は少なくありません。実際に毎日練習している人は多いのですが、発声練習の場所探しに苦慮している方も多いのは事実です。比較的多数の人が選ぶ場所としては、防音設備が整っているカラオケボックスといわれています。広さによっても異なりますが、多数の人が大声をあげても問題ないため、活用しやすいと評判です。費用がかかるためあまり使えないと思っている方もいますが、平日の昼間にはどのボッ...

アナウンサーは、明瞭に発音できることが大切で、アエイウエオアオ カケキクケコカコで知られる発声練習を毎日のように行っています。「ア」では口を大きく広げて、「イ」では左右の口角を高くあげ、耳元まで引き上げます。「ウ」は口をすぼめて前に出し、「え」では口を開き気味にして、舌を下の歯茎の裏につけるようにします。「オ」は、くちの中に大きな空洞をつくるようにします。このアイウエオは母音とよばれ、他の行の音を...