発声練習 合唱 方法

合唱での発声練習の方法

合唱での発声練習の方法記事一覧

合唱をするときには、練習のためやウォーミングアップのために、発声練習をすることがあると思います。いきなり合唱曲を使って練習をするのも良いのですが、基礎である音階をきれいに出すためにも、声量を出せるようになるためにも、発声練習というのは欠かすことができません。しかし、発声練習と言っても様々な方法があります。そのなかでもやはり効果的なのは、ピアノを使った練習です。よく、音楽の授業などで行ったことがある...

合唱においてソプラノは、高音を出し主旋律を歌う事が多いです。高い声は身体に負担がかかるので、発声練習は欠かすことができません。発声練習でまずイメージする事は、あくびをするように口の中を大きく開くことです。声を喉から出すのではなく、軟口蓋から抜けるようにすると自然と開きます。その際、舌を上げないように注意が必要です。それによって、声が出る道を邪魔することなく良い声が出ます。無理をして高音を出すと、喉...

中学生が美しい合唱をするためには、正しい姿勢や発声練習の仕方を身につけることが大切です。初めに姿勢ですが、合唱を立唱で行う場合には、余分な力を抜き、背筋を真っすぐ伸ばして、発声練習を行うための諸器官が自由に活動できる状態にします。腕は自然に下ろし、足は肩の線まで開きます。座唱の場合も、基本的には立唱と同じですが、椅子の前半分に座り正しい姿勢を保ちます。そして、長いフレーズがある中学生の合唱曲を歌う...

合唱をしている人にとって、発声練習はとても大切です。きちんと発声練習をしておかないと、美しい声で歌うことはできません。ですから、30分以上もそれに時間をかける合唱団もあるほどです。そして、その練習は毎日しっかりと継続していく必要があるのです。その日の声の調子を指導者が把握するのにも必要不可欠なのが発声練習です。合唱するのは、歌うのが好きな人にとっては楽しいものです。しかし、ただ楽しいというだけでな...

合唱をする上で曲の練習以上に大事と言えるものが、発声練習です。歌を歌う前に発声練習をすることで、声を出す際ののどへの負担を減らし、また、皆と同じアプローチで声を出すことで声質を合わせる効果もあります。合唱に取り組む際に皆がよく気にする問題の一つとして、高音へのアプローチがあります。のどを締め上げるように狭めて、叫ぶように高音を出すやり方がよく見られますが、音程が安定しない上に響きのある声にならない...

合唱練習は十分に体を動かし、声もある程度出した後の夕方以降に行うのが良いですが、朝に練習が入る場合もあります。朝からすぐ声を出すと、全く動いていなかったのどの筋肉をいきなり動かすことになってしまうため、適切にのどのウォーミングアップを行わないとのどを痛めてしまう原因となります。一番よいのは、朝から練習がある日には早起きをすることです。なるべく練習の3時間前には起きておくのがベターです。朝の発声練習...

合唱の練習で「発声練習」はとても大切です。スポーツの前にしっかりストレッチをするのと同様です。発声練習に30分ほどの時間をかける合唱団もあるくらい、良い声を出すための準備運動として重要です。周りと比較して、「声が出ていない」「音階をはずしがち」と感じるのであれば、この、発声練習が足りないせいかもしれません。よく、「おなかから声をだして」とか「腹筋を使って」という表現を聞きます。口だけで発声しても、...

合唱やカラオケ、楽器演奏など、さまざまなことの基礎となる腹式呼吸ですが、現代人は呼吸が浅く出来ない人が多いといいます。腹式呼吸や深い呼吸、声量のアップには肺活量を鍛えることも大切です。ボイストレーニングなどに通うほどの出費は出来ないという人にお勧めしたいのが、ペットボトルを使ったトレーニングです。用意するものは空のペットボトルだけ。これ以上吐けないというぐらいに肺の中の息を吐ききったら空のペットボ...

美しいハーモニーを奏でる合唱において、アルトやソプラノなどその音程が及ぼす影響は、合唱の仕上がり全体に及びます。その合唱の形成要因となるアルトは、特に強い影響力を与える女性のパートとして有名です。このアルトのパートを完全に歌い上げる発声練習方法をご紹介します。しかし、パートにおける特別な練習方法というものもないというのが、合唱の世界に共通して言われている事実の様です。考えてみると発声に関しての練習...

合唱においてピアノを使った発声練習を行うことってよくありますよね。しかし、実際に歌の練習をするときには、必ずしもピアノがそばにあるとは限りません。合唱でいうのならば、パート毎にわかれて練習を行うような場合や、個人で練習を行うような場合など、なかなかピアノを使って音を確認しながら発声練習をすることができないということもあります。このようなときでも、やはり発声練習は基本となる練習ですので、きちんとやっ...

合唱においてはパート毎の練習というのも非常に大切になってきますよね。ソプラノ、アルト、テノール、バスといったそれぞれのパートがバランスを取ってきれいに歌うことによって、合唱が成立するのです。メインとなるメロディを歌うことが多いソプラノの存在も大きいようには感じられますが、やはり、低い音でしっかりと全体を支えるバスも非常に重要なパートです。合唱全体に対する影響力もそれだけにありますので、それだけに、...

声楽においてはきれいな発声ができるかどうかが非常に大切なポイントになってきますよね。声楽での発声練習の方法としてはどのようなものがあるのでしょうか?そもそも、声楽というものはいったい何なのかについて確認してみたいと思います。声楽というのは、あまりなじみがない言葉でもありますが、これは日本においてあまり声楽という言葉が一般的に使われていないことにも関係があるようです。ともかく、声楽というのは、オペラ...

合唱やボイストレーニングを行っている方にとって、いきなり本番のレッスンに入るのではなく、ウォーミングアップとしてはじめに発声練習を行うのが一般的です。これは非常に大切な習慣であり、レッスン前の発声練習は、スポーツで言うところの準備運動と同様の役割を果たします。歌を歌う時、普通に会話をするのとは比べ物にならないほど、大きな負担が喉に掛かっています。そのような負担の掛かる行為を、事前の準備運動なしにい...

重厚でよく響く男性の低音の声は大変魅力的です。男性の低い声は、話の内容に重みを加えるものです。同じ内容を話していても、高い声よりは、低い声の方が話に説得力があるように思えます。人にはそれぞれ持って生まれた声があります。声の質には体の条件や適性などが関係しています。ですが発声練習によって自分の出せる限界の音まで出せるようになるのです。ボイストレーニングと聞くと、高音が出せるようにするトレーニングを思...